小児科

当科では、感染症、呼吸器疾患、新生児疾患、循環器疾患、血液疾患、腎疾患、代謝疾患、内分泌疾患、神経疾患などすべての分野の小児科医療を行っています。健康増進・疾病予防・相談・診療など診療内容は多肢にわたります。

庄原市内には小児科を専門とする医師は当院の2名のみという現状のため、他科の医師にご協力をいただきながら1次から2次までの診療を行っています。
さらに高度な医療が必要な場合は、基幹病院と連携して診療しています。

予防接種・乳児健診について感染患児と接触せぬよう一般外来とは別の時間、また入院患児の病室は原則個室とし院内感染予防にも留意しています。

より専門的な医療を提供するため、定期的に小児循環器専門医による心臓外来や、臨床心理士による心理カウンセリング外来も行っています。

一方で庄原市など自治体の依頼により各地域へ出向き、乳幼児健診(年30回程度)を行っています。
また、講演会を開催したりすることで、小児医療の啓蒙活動も行っています。

スタッフ紹介

内田 晃(うちだ あきら)

内田 晃

役職

小児科副部長

卒業年

平成21年

専門分野

  • 小児科一般
  • 新生児

梅本 勇基(うめもと ゆうき)

梅本 勇基

役職

小児科副部長

卒業年

平成22年

専門分野

  • 小児科一般
  • 新生児

コメント

他科の先生方や他職種の方に協力していただきながら、庄原市の小児が健やかに成長できるよう努めてまいります。

岡 正登詩(おか まさとし)

岡 正登詩

役職

小児科医師

卒業年

平成26年

専門分野

  • 小児科一般

コメント

患者さんの助けになれるよう、力を尽くします。よろしくお願いいたします。