栄養課

高血圧症などの生活習慣病(成人病)には、食事療法が大きな役割を果たします。それは生活習慣病の原因がその名が示すように日常生活のすごし方に潜んでいて、その中で重要な要因として食生活が上げられるからです。

食を摂るということは、生きていくためのエネルギーを補給することで生物の基本活動ですが、かたよったり、過度の摂取はかえって身体に負担をかけてしまいます。そんなことの無いよう栄養課では、栄養士が患者さんの栄養バランスを考え、調理師がこころをこめて食事を提供させていただいています。患者さんの1日も早い回復を少しでもお手伝い出来ればと思っております。

栄養相談

栄養相談とは、栄養についての正しい知識を基に、自ら食生活を改善していただき病を克服ばかりか、より健やかな日々を送っていただくためのお手伝いです。当院では管理栄養士が、外来を中心に個別と集団の2種類の栄養指導を行っています。

集団指導では、基礎知識と食事療法の基本をお話しさせていただきます。個別指導では、ご本人とご家族の生活リズムも考慮し、ひとつひとつ納得していただきながら共に生活の改善が図られるようにお手伝いします。