臨床検査部門

臨床検査部門には、大きく分けて「検査技術課」と「生理検査技術課」の2つの部門があります。

検査技術課

検査技術課は、主に患者さんから採取された検体(血液、尿、喀痰、組織など)を検査しています。それらを生化学検査、一般検査、血液検査、免疫学的検査、細菌学的検査、病理組織学的検査、輸血検査などのセクションに分け、業務を行っています。検査結果は、数字などが多いですが、そのうらに隠れている「なにか」を見つけるべく、日々研鑽にはげんでいます。

 

生理検査技術課

生理検査技術課では、技師4名と医師の協力のもとに心電図・脳波・呼吸機能・血圧脈波検査・筋電図・超音波検査などの生理機能検査を実施しています。超音波検査では、腹部・心臓・血管・甲状腺・皮下など多領域の検査を実施しており、がんなどの早期発見や質的診断、臓器の形態観察などに威力を発揮しています。また、ホルター心電図解析装置、トレッドミル運動負荷試験、心臓カテーテル検査などの循環器検査や睡眠時無呼吸症候群の検査、他の医療機関からの脳波検査の受け入れも行っています。